コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラス・アルハイマ Ra’s al‐Khayma

1件 の用語解説(ラス・アルハイマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラス・アルハイマ【Ra’s al‐Khayma】

アラビア半島東部,ペルシア湾に面するアラブ首長国連邦の構成国。ラアス・アルハイマ,ラァスルハイマなどとも表記する。面積1700km2,人口15万(1996)。山間部と海岸部と島からなり,連邦内では珍しく変化に富む地形である。降水量は平均年150mmと連邦随一で,山間部では良質の水が得られる。山岳と海岸の間に耕地がひろがる。耕地面積は連邦最大で,農業人口も多い。ナツメヤシスイカトマトなど果樹,野菜のほかに羊,ヤギ,牛などの畜産もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラス・アルハイマの関連キーワードアラビア海アラビア語アラビア半島アラビア文字アラブ人クウェートペルシア湾マスカット亜剌比亜アラビア糊

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラス・アルハイマの関連情報