コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラス・アルハイマ Ra’s al‐Khayma

1件 の用語解説(ラス・アルハイマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラス・アルハイマ【Ra’s al‐Khayma】

アラビア半島東部,ペルシア湾に面するアラブ首長国連邦の構成国。ラアス・アルハイマ,ラァスルハイマなどとも表記する。面積1700km2,人口15万(1996)。山間部と海岸部と島からなり,連邦内では珍しく変化に富む地形である。降水量は平均年150mmと連邦随一で,山間部では良質の水が得られる。山岳と海岸の間に耕地がひろがる。耕地面積は連邦最大で,農業人口も多い。ナツメヤシスイカトマトなど果樹,野菜のほかに羊,ヤギ,牛などの畜産もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラス・アルハイマの関連情報