コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッキョウ(辣韭) ラッキョウ Allium chinense G.Don(=A.bakeri Regel)

1件 の用語解説(ラッキョウ(辣韭)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラッキョウ【ラッキョウ(辣韭) Allium chinense G.Don(=A.bakeri Regel)】

中国原産のユリ科の多年草イラスト)。鱗茎は長卵形で,外皮は白色または淡紫色。盛んに分げつし,その基部に小鱗茎を生ずる。葉は細い半柱形で中空の五角形を呈する。草丈は30cmくらいで,株全体に特有の臭気を有する。冬は枯れずに,夏に葉が枯れて休眠する。ラッキョウは中国および日本の野菜で,東南アジアでも利用されるが,生産は少ない。英名のrakkyoも日本名そのままである。中国をはじめインドシナ半島インドヒマラヤ地方にも野生種があるといわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラッキョウ(辣韭)の関連キーワード阿魏笹百合高砂百合竹島百合稚児百合花菅姫早百合夕菅佐久百合

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone