コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッパズイセン(喇叭水仙) ラッパズイセンNarcissus pseudo-narcissus; trumpet daffodil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラッパズイセン(喇叭水仙)
ラッパズイセン
Narcissus pseudo-narcissus; trumpet daffodil

ヒガンバナ科の多年草ヨーロッパ原産のスイセンの1種で,古くから花壇,切り花用に栽培される。他のスイセンより大型で,花は1茎に1花つき,直径 6cmぐらいある。外側の花被6枚は淡黄色または白色で,中央の長筒形の副花冠はラッパのように長く,縁に歯があり,皺が寄っている。八重咲きの品種はヤエラッパズイセン,ボタンズイセンなどという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone