コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッパムシ(喇叭虫) ラッパムシ

世界大百科事典 第2版の解説

ラッパムシ【ラッパムシ(喇叭虫)】

繊毛虫綱ラッパムシ科ラッパムシ属Stentorに含まれる原生動物の総称。有機質の多い池や沼,溝などにすみ,底土に付着しているが,ときには離れて泳ぐこともある。体長1~2mmのらっぱ形で無色,褐色,淡紅色,青色,緑色など種類によって異なる。前端には広い囲口部があり,その周縁を繊毛の小膜列からできた口帯がらせん形にとり巻いていて,その終端は口に沈下し,口から咽頭が下方につづいている。囲口部を除いた全体表には短い繊毛が密生している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラッパムシ(喇叭虫)の関連キーワード聖ウォードリュ教会エゴイストフィリップ・モリス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android