コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッパモク

海藻海草標本図鑑の解説

ラッパモク

付着器は繊維状で太く丈夫。主枝の分岐は少ない。厚みのある葉状部は円柱状の葉柄を持ち,先端はラッパ状に広がり,内部は中空である。広がった先端中央部 はくぼみ,縁辺部には粗いトゲ状の突起が並ぶ。トゲ状突起は1列が多いが,ときに2列となる。生体は白みがかった黄褐色だが,採集後の時間経過とともに 黒っぽく濃褐色となる。手触りはかなり硬い。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

ラッパモクの関連情報