コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッピング広告 らっぴんぐこうこく

知恵蔵の解説

ラッピング広告

公共交通機関であるバス電車の車両あるいは航空機ボディーを媒体にした全面車体(機体)広告をいう。1998年の長野オリンピックの際に、大会関係者の輸送用観光バスで実施され注目を集めた。また、2000年4月、屋外広告に対して面積制限を課していた「東京都屋外広告物条例」と「同施行規則」が改正されたことに伴い、ラッピング広告が可能になり、都営バスがこれを導入したことで他の自治体もこれに続いた。近年では、極めて一般化したラッピング広告ではあるが、人目を引くためインパクトも大きく、それだけ広告媒体を提供する事業者には、都市景観や交通安全に配慮したデザインが求められている。そのため、東京都交通局では「東京都交通局車体利用広告デザイン審査基準」を定め、広告デザイン案の審査を行っている。

(高橋郁夫 慶應義塾大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラッピング‐こうこく〔‐クワウコク〕【ラッピング広告】

バスや電車などの全面を、宣伝内容を印刷したフィルムなどで覆う広告形態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラッピング広告の関連情報