コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラップ語 ラップごLappish

翻訳|Lappish

世界大百科事典 第2版の解説

ラップご【ラップ語 Lappish】

ウラル語族フィン・ウゴル語派のフィン語系に属する言語。自称ではサーミ語(サーメ語)。スカンジナビア半島の北部からロシア連邦のコラ半島にかけ,3万1000人あまりのラップ人(サーミ人)により話されるといわれるが,ラップ人自体の正確な人口調査もなく,正確な話者数は不明である。方言は西,南,東に分かれていて相互の差は大きい。子音の階程交替が盛んである。例:varre〈山が〉,vare〈山の〉,sabme〈ラップ人が〉,same〈ラップ人の〉。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラップ語
ラップご

サミ語」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラップ語
らっぷご
Lapp

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラップ語の関連キーワードフィン・ウゴル語派フィンウゴル語派E. イトコネンP. ラビライトコネンラビラ

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラップ語の関連情報