コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラップ語 ラップご Lappish

翻訳|Lappish

3件 の用語解説(ラップ語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラップご【ラップ語 Lappish】

ウラル語族フィン・ウゴル語派フィン語系に属する言語。自称ではサーミ語(サーメ語)。スカンジナビア半島の北部からロシア連邦コラ半島にかけ,3万1000人あまりのラップ人(サーミ人)により話されるといわれるが,ラップ人自体の正確な人口調査もなく,正確な話者数は不明である。方言は西,南,東に分かれていて相互の差は大きい。子音の階程交替が盛んである。例:varre〈山が〉,vare〈山の〉,sabme〈ラップ人が〉,same〈ラップ人の〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラップ語
ラップご

サミ語」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラップ語
らっぷご
Lapp

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラップ語の関連キーワードウドムルト語スカンジナビア諸語ボチャーク語フィンウゴル語派フィン語マジャール人ジリャン語フィン・ウゴル語派ボグル語モルドビン語

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone