ラテノー(読み)らてのー(英語表記)Rathenow

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラテノー
らてのー
Rathenow

ドイツ北東部、ベルリン西北西72キロメートル、ブランデンブルク州の工業都市。1949~90年は旧東ドイツに属した。ハーフェル川の右岸にある。人口2万6600(2000)。光学精密機械、農業機械、製粉機械などの機械工業と、木材工業が立地している。光学精密機械工業は1801年にA・ドゥンカーによって創始された。就業人口の約3分の2がこれに従事し、旧東ドイツ時代はイエナに次ぐ東ドイツ第二の光学工業都市であった。[佐々木博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android