ラテライト性組成(読み)ラテライトせいそせい(英語表記)lateritic consitutent

岩石学辞典の解説

ラテライト性組成

ラテライトの組成は,主として特にギブサイトと,時にベーマイトなどのアルミニウムのセスキ酸化物(sesquioxide)と,ゲーサイト,褐鉄鉱などの鉄のセスキ酸化物,カオリナイトやイライトなどの粘土鉱物,および石英などの岩屑物質から構成されている.酸化チタニウムと酸化マンガンも共に産出することがある[Fermor : 1911, Maignien : 1966].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android