コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテンアメリカ・カリブ経済委員会 ラテンアメリカ・カリブけいざいいいんかいEconomic Commission for Latin America and the Caribbean; ECLAC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラテンアメリカ・カリブ経済委員会
ラテンアメリカ・カリブけいざいいいんかい
Economic Commission for Latin America and the Caribbean; ECLAC

国際連合の経済社会理事会の下部機関である地域経済委員会の一つ。1948年,ラテンアメリカ諸国の経済発展と生活水準の向上を目的にラテンアメリカ経済委員会として設立され,1983年に現名称に改称。事務局はチリのサンチアゴECLAC事務局は中南米の経済統合に大きな役割を果たし,また国連における発展途上国の主張を理論的に支えてきた。2012年現在の加盟国はアメリカ合衆国,カナダ,イギリス,フランス,オランダ,スペイン,ポルトガル,イタリアを含め 44,準加盟国 8。日本は 1956年オブザーバーとして参加し,2006年正式に加盟した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラテンアメリカ・カリブ経済委員会
らてんあめりかかりぶけいざいいいんかい
Economic Commission for Latin America and the Caribbean

略称ECLAC(エクラック)。国連経済社会理事会の下部機構の一つとして、1948年2月に設立された地域経済委員会。当初はラテンアメリカ経済委員会Economic Commission for Latin America(ECLA(エクラ))とよばれていたが、1984年に現在の名称に改称された。ラテンアメリカ諸国の経済発展を促進し、生活水準向上のため諸国政府を援助することを目的とする。2010年時点の加盟国は域内国33、域外国10の44か国で、そのほかプエルト・リコなど9地域が準加盟メンバーとなっている。2年に1回開催される総会のほかに、国際貿易統合部、経済開発部、人口部(ラテンアメリカ人口センター)などの下部機構が設けられている。事務局はチリのサンティアゴに置かれている。[横川 新・黒神直純]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラテンアメリカ・カリブ経済委員会の関連キーワードフアン・マヌエル サントスフアン・マヌエル・サントス国連地域経済委員会プレビッシュエクラック国際連合

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android