コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテン・アメリカ音楽 ラテンアメリカおんがく

世界大百科事典 第2版の解説

ラテンアメリカおんがく【ラテン・アメリカ音楽】

日本では俗に,ラテン音楽,中南米音楽ともいう。アメリカ大陸にスペイン,ポルトガル,フランスなどのヨーロッパ人が入り込み,さらに彼らが奴隷として使役するためにアフリカ人を連れて来て,先住民(インディオ)の音楽,ヨーロッパ音楽,アフリカ音楽の3者がさまざまに衝突し融合し,ラテン・アメリカ音楽と総称される数多くの音楽型式を作り上げてきた。そしてこれは,メスティソ系とムラート系の二つのグループに大別することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラテン・アメリカ音楽の関連キーワードアフロ・ミュージックT. プエンテX. クガートプエンテサルサ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラテン・アメリカ音楽の関連情報