コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラデランバナデロ ラデランバナデロLaderan Banadero

世界の観光地名がわかる事典の解説

ラデランバナデロ【ラデランバナデロ】
Laderan Banadero

アメリカ自治領の北マリアナ連邦サイパン島、マッピ山の頂近くにある断崖絶壁。◇旧名称の「スーサイドクリフ」は「自決の崖」という意味。バンザイクリフ同様、太平洋戦争時に多くの日本人軍人や民間人が自決したり、断崖から身を投げたりした場所である。崖下のジャングルには、数多くの遺骨が今も眠っているという。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラデラン‐バナデロ(Laderan Banadero)

サイパン島北部、マッピ山北側の断崖。太平洋戦争中の昭和19年(1944)、米軍の降伏勧告に応じなかった日本兵や民間人が自決した地として知られ、スーサイドクリフ(自殺の崖)ともよばれる。現在は平和記念公園として整備され、観音像と十字架がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例