コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラバン・ソーマ Rabban Bar Sauma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラバン・ソーマ
Rabban Bar Sauma

[生]1220頃.カンバリク
[没]1294.1. バグダード
ウイグル族出身のキリスト教ネストリウス派 (景教) 修道士。エルサレム巡礼のため隊商に加わって中央アジアを踏破,ネストリウス教長の所在地バグダードにいたったが,動乱のためエルサレムには行けず,バグダードに滞在。 1287年イル・ハン国王アルグン・ハンの命を受けてヨーロッパに使いし,コンスタンチノープル,ナポリ,ローマを経てパリ,ボルドーまで行ったと伝えられ,教皇ニコラウス4世,フランス滞在中のイングランド王エドワード1世などに謁見した。翌年イランに帰り,そこで布教した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラバン・ソーマの関連キーワード消滅核種フリードリヒ(2世)(ドイツ国王、神聖ローマ皇帝)アンティオコス[7世]ゼノロジーALPS禅暁埼玉伝統工芸会館ジャヤバルマン7世ヒミコドラえもん

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android