ラフメティ・アラト(英語表記)Rahmeti Arat

世界大百科事典 第2版の解説

ラフメティ・アラト【Rahmeti Arat】

1900‐64
トルコのウイグル語・トルコ文献学者。イスタンブール大学とトルコ学研究所で教育・研究に従事した。ドイツ人学者との共同作業として,《オグズ・ハーン伝説》(1936)の訳注がある。彼の名を不朽にしたのは,11世紀のトルコ語文献《クタドグ・ビリク》の現代語訳注の完成である。また,トゥルファン出土文書の整理と研究にも貢献した。【山内 昌之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android