コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラフ族(拉祜族) ラフぞくLā hù zú

世界大百科事典 第2版の解説

ラフぞく【ラフ族(拉祜族) Lā hù zú】

中国雲南省の南西部からミャンマー,タイにかけて分布する山地民族。人口は中国内で約41万余(1990)で,そのほかミャンマーに約6万6000,タイに約1万5000が居住するといわれる。雲南ではとくに瀾滄(らんそう)ラフ(拉祜)族自治県に集中する。言語はチベット・ビルマ語派のロロ・ビルマ語群に属する。元来,文字はなかったが,中国領内では解放後,新文字がつくられた。黒ラフ,黄ラフ,白ラフの群に分かれるが,彼らの社会史,言語,風俗習慣は基本的には一致するといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラフ族(拉祜族)の関連キーワードチベット・ビルマ語派

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android