コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラフ族(拉祜族) ラフぞくLā hù zú

1件 の用語解説(ラフ族(拉祜族)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラフぞく【ラフ族(拉祜族) Lā hù zú】

中国雲南省の南西部からミャンマー,タイにかけて分布する山地民族。人口は中国内で約41万余(1990)で,そのほかミャンマーに約6万6000,タイに約1万5000が居住するといわれる。雲南ではとくに瀾滄(らんそう)ラフ(拉祜)族自治県に集中する。言語はチベット・ビルマ語派ロロ・ビルマ語群に属する。元来,文字はなかったが,中国領内では解放後,新文字がつくられた。黒ラフ,黄ラフ,白ラフの群に分かれるが,彼らの社会史,言語,風俗習慣は基本的には一致するといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone