コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラフ族(拉祜族) ラフぞく Lā hù zú

1件 の用語解説(ラフ族(拉祜族)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラフぞく【ラフ族(拉祜族) Lā hù zú】

中国雲南省の南西部からミャンマー,タイにかけて分布する山地民族。人口は中国内で約41万余(1990)で,そのほかミャンマーに約6万6000,タイに約1万5000が居住するといわれる。雲南ではとくに瀾滄(らんそう)ラフ(拉祜)族自治県に集中する。言語はチベット・ビルマ語派ロロ・ビルマ語群に属する。元来,文字はなかったが,中国領内では解放後,新文字がつくられた。黒ラフ,黄ラフ,白ラフの群に分かれるが,彼らの社会史,言語,風俗習慣は基本的には一致するといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラフ族(拉祜族)の関連キーワードタイ族滇池ホン川ミャンマー昆明池メコン地域ミャンマーのサイクロン被害旧国民党軍在日ミャンマー人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone