コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラブレース ラブレース Lovelace, Richard

4件 の用語解説(ラブレースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラブレース
ラブレース
Lovelace, Richard

[生]1618. ウリッジ
[没]1657. ロンドン
イギリスの詩人。王党派詩人の一人。ケントの豪家に生れ,オックスフォード大学で学んだのち,廷臣として活躍。内乱に際して共和派によって投獄され,のちフランスに逃れたが,やがて帰国して再び投獄され,釈放後は貧窮のうちに死んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラブレース【Richard Lovelace】

1618‐58
イギリスの宮廷詩人。ケントに広大な所領をもつ名門に生まれ,オックスフォード大学を出て,チャールズ1世の宮廷に仕えた。1639年には王のスコットランド遠征に従い,ピューリタン革命勃発後も王に変わらぬ忠誠をささげた。ために2度も投獄の憂目にあい,フランスに亡命し,家産を没収されるなど,辛苦をなめつくし,王政の回復を待つことなく,極貧のうちに死んだと伝えられる。作品のうち戯曲は失われたが,2度の投獄生活中に書いた抒情詩は,17世紀宮廷詩の白眉と呼んでよい。

ラブレース【Robert Lovelace】

イギリスの小説家S.リチャードソン書簡体小説クラリッサClarissa》(1747‐48)に登場する放蕩者。ラブレースは貴族を伯父にもち家柄を誇るが,成上りの中産階級の娘クラリッサ・ハーローに目をつけ彼女を誘惑しようとする。彼は万策を講じて自分の欲望を遂げようとし,美貌と貞淑で知られるクラリッサを売春宿に閉じ込め,ついに薬物を用いて目的を遂げ,クラリッサは傷心のあまりに死ぬ。ラブレースは典型的な〈女たらし〉の代名詞となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラブレース
らぶれーす
Richard Lovelace
(1618―57?)

イギリスの詩人。17世紀のいわゆる王党派詩人を代表する一人。オックスフォード大学卒業後宮廷に仕え、ピューリタン革命の期間中は議会派によりしばしば投獄されたが、最後まで国王支持の立場を変えず、窮乏のうちに死んだ。叙情詩集リュカスタ』(1649)は、幾編かの優れた短詩を含み、哀切な感情を甘美な措辞に盛り込んでみせている。『続リュカスタ』(1659)は没後の出版。[川崎寿彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラブレースの関連キーワードインド省ケアリーブルボン家イギリス国教会イギリス巻イギリス組曲イギリスの名車Miniバースデーの日チャンドロンゴワルシトイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラブレースの関連情報