コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラブレー風 ラブレーフウ

とっさの日本語便利帳の解説

ラブレー風

一六世紀フランスの風刺作家ラブレーは、巨人大食漢ガルガンチュアとその子パンタグリュエルが登場する二つの叙事詩で、野卑で滑稽な皮肉によってその時代と社会を痛烈に風刺した。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

ラブレー風の関連キーワードタラス・ブーリバダンバーベイツ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android