コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラブロフスキー ラブロフスキーLavrovskii, Leonid Mikhailovich

2件 の用語解説(ラブロフスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラブロフスキー
ラブロフスキー
Lavrovskii, Leonid Mikhailovich

[生]1905.6.18. ペテルブルグ
[没]1967.11.26. パリ
ソ連の舞踊家,振付師。 1922年国立オペラバレエ団 (のちのキーロフ・バレエ団) に入り,『白鳥の湖』のジークフリートなどの主役を演じた。 30年にレニングラード・バレエ学校の卒業公演のために作った『シンフォニック・エチュード』が新鮮な感覚にあふれていると称賛された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラブロフスキー【Leonid Mikhailovich Lavrovskii】

1905‐67
ソ連邦の舞踊家,振付師。ペテルブルグに生まれ,1922年レニングラード舞踊学校卒業,同地のマールイ劇場キーロフ劇場の首席バレエ・マスターを経てボリショイ劇場芸術監督(1944‐56,1960‐64)となった。彼は従来のおとぎ話や説話を主題としたバレエにかわる劇的真実をもつ写実的舞踊劇の創造をめざした。40年プロコフィエフの《ロミオとジュリエット》を振付け,踊りとマイムの結合によって登場人物の性格と心理を描きわけ,巧みな群衆の処理によって壮大な舞踊劇を創造した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ラブロフスキーの関連キーワード竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府竹島問題クイーンイスクライラン立憲革命エラリー・クイーンシュリーフェン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone