コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラプワース Lapworth, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラプワース
Lapworth, Charles

[生]1842.9.30. ファリントン
[没]1920.3.13. バーミンガム
イギリスの地質学者。地方の学校長をつとめるかたわら,北西スコットランドの複雑な地質構造を研究,筆石相化石の出現をよりどころに,その地層順序を明らかにした。 1873年に,古生代の第2番目の古い地質時代を同定オルドビス紀と命名したことは有名。 88年ロイヤル・ソサエティ会員に選ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラプワースの関連キーワードゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)アヘン戦争ブルノンビルメンデルスゾーンアーサーアンダーソンウォートルスエンソル

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android