コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラベリ Jorge Lavelli

2件 の用語解説(ラベリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラベリ【Jorge Lavelli】

1931‐
アルゼンチン生れの演出家。同国生れのV.ガルシアサバリらとともにいわゆるネオ・バロックを代表し,おもにフランスで活躍している。ブエノス・アイレスの大学では経済学を専攻したが,アマチュア演劇に夢中になり,60年奨学金でパリのテアトル・デ・ナシヨン付属大学に留学。63年ゴンブロービチ作《結婚》で若者劇団コンクールに優勝。67年モンパルナスガストンバティ座のアラバル作《建築家とアッシリア皇帝》とオデオン座セネカ《メデア》の演出で若手演出家としての地位を確立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラベリ
らべり
Jorge Lavelli
(1931― )

アルゼンチン出身の演出家。ブエノス・アイレス生まれ。本国では経済学を学ぶが演劇に身を投じ、1960年パリのテアトル・デ・ナシオン付属大学に留学。V・ガルシア、J・サバリなどとともに、スペインの劇作家アラバールを中心に「ネオバロック派」を結成。アラバール作『建築家とアッシリア皇帝』(1967)やセネカ作『メディア』の演出(1967)などで一躍有名となり、オスカル・パニッツア作『愛の教義会』(1969)ではローマ教皇庁の腐敗を暴く大胆な演出で一大スキャンダルを引き起こした。75年以来『イドメネオ』『ファウスト』などオペラの演出にも進出している。[利光哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラベリの関連キーワードピルゼンフォークランド戦争フォークランド紛争亜爾然丁アルゼンチンタンゴピアソラミロンガプエルトイグアスメンドーサアルゼンチンバックブリーカー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラベリの関連情報