コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラベリ Jorge Lavelli

世界大百科事典 第2版の解説

ラベリ【Jorge Lavelli】

1931‐
アルゼンチン生れの演出家。同国生れのV.ガルシアやサバリらとともにいわゆるネオ・バロックを代表し,おもにフランスで活躍している。ブエノス・アイレスの大学では経済学を専攻したが,アマチュア演劇に夢中になり,60年奨学金でパリのテアトル・デ・ナシヨン付属大学に留学。63年ゴンブロービチ作《結婚》で若者劇団コンクールに優勝。67年モンパルナス・ガストン・バティ座のアラバル作《建築家とアッシリア皇帝》とオデオン座のセネカ作《メデア》の演出で若手演出家としての地位を確立。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラベリ
らべり
Jorge Lavelli
(1931― )

アルゼンチン出身の演出家。ブエノス・アイレス生まれ。本国では経済学を学ぶが演劇に身を投じ、1960年パリのテアトル・デ・ナシオン付属大学に留学。V・ガルシア、J・サバリなどとともに、スペインの劇作家アラバールを中心に「ネオバロック派」を結成。アラバール作『建築家とアッシリア皇帝』(1967)やセネカ作『メディア』の演出(1967)などで一躍有名となり、オスカル・パニッツア作『愛の教義会』(1969)ではローマ教皇庁の腐敗を暴く大胆な演出で一大スキャンダルを引き起こした。75年以来『イドメネオ』『ファウスト』などオペラの演出にも進出している。[利光哲夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラベリの関連キーワードハワード・S. ベッカーフランク タンネンバウムISO14000シリーズ車いすバスケットボール車椅子バスケットボールカーボンフットプリントカイ・T. エリクソンイージー・リスニングリッキー ネルソンスペックル干渉法ポートコルボーンバスケットボールキャリングボールバイオレーションボブ ディランカラベリー結節ラベリング理論ジャミロクワイアルティメットMSCマーク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android