ラマー アレグザンダー(英語表記)Lamer Alexander

現代外国人名録2012の解説

ラマー アレグザンダー
Lamer Alexander


国籍
米国

専門
政治家;弁護士

肩書
米国上院議員(共和党) 米国教育長官;テネシー州知事

本名
Andrew Lamer Alexander

生年月日
1940/7/3

出生地
米国 テネシー州ノックスビル

学歴
バンダービルト大学〔1962年〕卒;ニューヨーク大学ロースクール〔1965年〕修了

学位
J.D.

経歴
弁護士の資格をとり、1967年ハワード・ベーカー上院議員の政策スタッフを振り出しに、’69年ホワイトハウス議会連絡事務局、’71年会社経営を経て、’79〜87年テネシー州知事。知事時代、教育改革の必要性を力説。’88〜90年テネシー大学学長。’90年12月〜’93年1月教育長官。’96年大統領予備選に出馬するが、途中で選挙から撤退。’99年3月大統領選に出馬を表明するが8月撤退を宣言。2002年11月テネシー州選出の米国上院議員。穏健派共和党員。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android