コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマ廟 ラマびょう

2件 の用語解説(ラマ廟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラマびょう【ラマ廟】

ラマ(喇嘛)教特有のチベット式寺院。ラマ教がチベット(中国の西蔵自治区)からモンゴル,中国の東北(旧満州),中国内地へ流伝するにつれて建築は地方的に変化している。規模はチベットの総本山ラサのポタラ宮シガツェタシルンポ寺を頂点として大小さまざまだが,学問寺が一般的に大きく,本堂,学堂,僧房のほか,活仏の居処や財産,行事などの管理事務所を総称する活仏倉からなる。廟としてはモンゴルのウランバートル(庫倫)のガンデン(慶寧)寺,ドロン(多倫)の彙宗(いそう)・善因2寺,熱河の2大廟,北京の雍和宮などが有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラマ廟
らまびょう

チベット式仏教寺院。ダライ・ラマの居城であったラサのポタラ宮、パンチェン・ラマの居所であったシガツェのタシルンポ寺、最古の寺院として8世紀中葉に礎石を据えられたサムエ寺や、チベット三大寺として15世紀に建立されたガンデン寺デプン寺、セラ寺がチベットに存する代表的な大僧院としてあげられる。チベット仏教がモンゴル、中国大陸へと伝播(でんぱ)するにつれ廟の建築様式に変化がみられる。チベット以外では、モンゴルのウランバートル(庫倫(クーロン))のガンデン寺(慶寧(けいねい)寺)、ドロン(多倫)の彙宗(いそう)・善因(ぜんいん)の二大寺、熱河(ねっか)の八大ラマ廟、内モンゴルのアバガの貝子廟(ベイズミヤオ)、北京(ペキン)の雍和宮(ようわきゅう)、山西(さんせい/シャンシー)の五台山(ごだいさん/ウータイシャン)など数百があり、主として清(しん)朝の康煕(こうき)・雍正(ようせい)・乾隆(けんりゅう)帝の代に創建されている。[川崎信定]
『多田等観著『チベット』(岩波新書) ▽長尾雅人著『蒙古ラマ廟記』(中公文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラマ廟の関連キーワードチベット語ブラマプトラ川ラマ教達頼喇嘛班禅喇嘛喇嘛ラマ僧チベット亡命政府チベット種 (Tibet)チベット占星術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone