コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラミネート加工紙 ラミネートかこうしlaminated paper; mounted paper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラミネート加工紙
ラミネートかこうし
laminated paper; mounted paper

積層加工紙の一種。耐水性,耐油性,熱封緘性などを付与するために,片面または両面にプラスチックの薄膜や金属箔などを接着剤で張合せ,積層した紙または板紙。一般に用いられるプラスチック材にはポリエチレンポリプロピレンポリ塩化ビニルポリ塩化ビニリデンなどがある。金属材としてはアルミニウム,ステンレス,スズなどが利用される。加工法には,水性接着剤を利用したウェットラミネーション,有機溶剤に溶解した接着剤を利用したドライラミネーション,熱可塑性接着剤を利用したホットメルトラミネーション,溶融押出しされたポリマーフィルムを利用する押出しラミネーションがあり,それぞれ専用のラミネータ (ラミネート加工機) がある。おもに食品包装用などに利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラミネート加工紙の関連情報