コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラミュ Charles Ferdinand Ramuz

大辞林 第三版の解説

ラミュ【Charles Ferdinand Ramuz】

1878~1947) スイスの小説家。フランス語で多くの農民小説を書いた。作「もし陽が昇らなければ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラミュ
らみゅ
Charles-Ferdinand Ramuz
(1878―1947)

フランス語で書いたスイス小説家。ローザンヌ生まれ。1902年から14年までパリに滞在、その間に『アリーヌ』(1905)、『サミュエル・ブレの生涯』(1913)など、故郷スイスの自然と習俗を題材とした作品で注目を浴びた。第一次世界大戦で帰国し、ミスティックな叙情的作品の時期があったが、やがてリアリズムに戻り、『山中の大いなる恐怖』La Grande Peur de la montagne(1926)、『陽がまた昇らなければ』Si le soleil ne revenait pas(1937)など、多くの農民小説を書いた。そこには人間と自然との闘い、大地への愛着、固い団結心が、生硬だが風趣のある独特な筆致で描かれている。[桜井成夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラミュの関連キーワードアラスカン・マラミュートウィーン美術史博物館ドレスデン絵画館群馬県渋川市金井ボストン美術館ヘラ[サモス]エスキモー犬ブレラ美術館抗ウイルス剤シカゴ美術館スイス文学伊藤えん魔フランス語兵士の物語9月24日杉本博司原美術館アッソス藤浩志

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android