コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムセス1世 ラムセスいっせいRamses I; Ramesses I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムセス1世
ラムセスいっせい
Ramses I; Ramesses I

古代エジプト第 19王朝初代の王 (在位前 1320~前 1318) 。ラムセス王朝の祖。ラメッセス1世とも呼ばれる。ナイルデルタ出身の軍人で,第 18王朝最後の王ホレムヘブの推挙で王位についた。すでに老齢で治世2年目には息子セティ1世と共同統治した。セティがシリアの失地回復の準備をしている間,カルナック神殿の増築に力を注いだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラムセス1世の関連キーワード中東史(年表)セティ(1世)エジプト史新王国時代