コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムセス11世 ラムセスじゅういっせいRamses XI; Ramesses XI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムセス11世
ラムセスじゅういっせい
Ramses XI; Ramesses XI

古代エジプト第 20王朝最後の王 (在位前 1113~前 1085) 。ラメッセス 11世とも呼ばれる。治世は末期的状況を呈し,権勢を誇ったアモンの高級神官アメンホテプが失脚すると,国内はいよいよ無政府状態に陥った。墓地の盗掘が横行し,守護を命じられた神官たちまで王墓を盗掘するありさまであった。ここにアモンの高級神官でクシュの総督,軍司令官でもあったヘリホルが頭角を現して秩序を回復。 11世の名のもとに犯罪者を裁き,やがて権力を奪い,みずから王の称号を獲得した。ラムセス 11世は混迷のうちに没し,第 20王朝は終わりを告げた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報