コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムセス4世 ラムセスよんせいRamses IV; Ramesses IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムセス4世
ラムセスよんせい
Ramses IV; Ramesses IV

古代エジプト第 20王朝3代目の王 (在位前 1166~前 1160) 。ラメッセス4世とも呼ばれる。即位後ただちに王墓と神殿の建設に専念。その過度の信心が即位の不法性を暗示する。治世3年目に,大々的に石材採取を行ない,西部テーベにニつの大神殿を起工した。しかし官吏の汚職,高級神官の横暴に内政は乱れ,シナイ銅山以外のパレスチナを失った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラムセス4世の関連キーワードラムセス5世ラムセス6世

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android