コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムー Ramu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムー
Ramu

バングラデシュ南東部,チッタゴン州の町。コックスバーザール東方約 15km,ミャンマー国境近くに位置。 17世紀のアラカン王朝支配時代は地方行政の中心地であった。現在はチッタゴン-コックスバーザール間の国道とミャンマーへ通じる道路の重要な中継地で,おもにコックスバーザールからの海産物が中継される。多くの仏教寺院があり,ビルマ人など仏教徒が多い。人口約2万 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラムーの関連キーワードミヨー:スカラムーシュ/2 pianos 4 handsコルネリゥ・D. ジョルジェスクハサン・イブヌッ・サッバーフソフトバンクホークスチップステュドール チョルテアスティックカラムーチョテキーラムーチョスシンガポール珍道中ハサン・サッバーフハサン・サッバーフ〈珍道中〉シリーズヒーおばあちゃんスタニスラス広場モロッコへの道ミサイル珍道中イントラムロススカラムーシュアラスカ珍道中アフリカ珍道中あなたに降る夢

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラムーの関連情報