コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラメンタチオーネ

デジタル大辞泉プラスの解説

ラメンタチオーネ

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第26番(1768)。原題《La Lamentatione》。グレゴリオ聖歌の旋律が採り入れられていることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ラメンタチオーネ(〈イタリア〉La Lamentatione)

ハイドンの交響曲第26番ニ短調の通称。1768年頃の作曲。イタリア語で「悲しみ」を意味し、第1、2楽章にグレゴリオ聖歌の旋律が採り入れられていることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android