コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラモー:新クラヴサン組曲集 第1番(第4組曲)/piano solo Nouvelles suites de pièces de clavecin

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ラモー:新クラヴサン組曲集 第1番(第4組曲)/piano solo

ラモーはこの作品を収めた曲集を「組曲集」とはっきり名付けたが、その内容は、伝統的な舞曲と表題付小品を取り混ぜ、新しい形を示している。特に第2番は舞曲をほとんど含まず、さながら続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

ラモー:新クラヴサン組曲集 第1番(第4組曲)/piano soloの関連キーワードラモー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android