コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラルゴ・カバリェロ Francisco Largo Caballero

1件 の用語解説(ラルゴ・カバリェロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラルゴ・カバリェロ【Francisco Largo Caballero】

1869‐1946
セッコウ細工師で,スペイン社会党指導者。マドリード生まれる。1890年社会党労働組合労働者総同盟〉へ加入。労働組合時代の手腕により社会党入党時(1894)から党創立者P.イグレシアスの右腕となる。党内では過激派の領袖として位置し,1917年ゼネストを主導した。そのため投獄されたが翌年恩赦により出獄。軍事独裁政権(1923‐30)崩壊後は反王政運動を展開し,このころソ連へ接近した。31年4月,第二共和国臨時政府労働大臣に就任し,同年国会議員となるが,アストゥリアス革命(1934)を指揮し再び入獄する(1936まで)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のラルゴ・カバリェロの言及

【スペイン内乱】より

…それにひきかえ,社会党穏健派に属して,消息通であったI.プリエトは,5月以降,何回となく軍事クーデタが起こる可能性を示唆していた。また,ラルゴ・カバリェロ率いる社会党過激派,統一社会主義青年部(社会党+共産党),ならびに共産党は,36年8月半ばころまでは,クーデタをプロレタリア革命への契機とすることを意図していたようである。アナーキストもこの点においては同様である。…

※「ラルゴ・カバリェロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラルゴ・カバリェロの関連キーワード細工人焼石膏拙攻拙稿雪行石膏細工竹工石坑拙工長谷川雪貢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone