コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラルゴ・カバリェロ Francisco Largo Caballero

1件 の用語解説(ラルゴ・カバリェロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラルゴ・カバリェロ【Francisco Largo Caballero】

1869‐1946
セッコウ細工師で,スペイン社会党指導者。マドリード生まれる。1890年社会党労働組合労働者総同盟〉へ加入。労働組合時代の手腕により社会党入党時(1894)から党創立者P.イグレシアスの右腕となる。党内では過激派の領袖として位置し,1917年ゼネストを主導した。そのため投獄されたが翌年恩赦により出獄。軍事独裁政権(1923‐30)崩壊後は反王政運動を展開し,このころソ連へ接近した。31年4月,第二共和国臨時政府労働大臣に就任し,同年国会議員となるが,アストゥリアス革命(1934)を指揮し再び入獄する(1936まで)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のラルゴ・カバリェロの言及

【スペイン内乱】より

…それにひきかえ,社会党穏健派に属して,消息通であったI.プリエトは,5月以降,何回となく軍事クーデタが起こる可能性を示唆していた。また,ラルゴ・カバリェロ率いる社会党過激派,統一社会主義青年部(社会党+共産党),ならびに共産党は,36年8月半ばころまでは,クーデタをプロレタリア革命への契機とすることを意図していたようである。アナーキストもこの点においては同様である。…

※「ラルゴ・カバリェロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ラルゴ・カバリェロの関連キーワード藩学一覧女性参政権イタリア映画新日本文学戦争放棄女性問題東京大学カストリ雑誌北朝鮮新教育

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone