コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラルツォ岩 ラルツォがん lherzolite

1件 の用語解説(ラルツォ岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ラルツォ岩

デラメテリによって命名されダムールによって記載された,50%以上の橄欖(かんらん)石に斜方輝石単斜輝石の両方が含まれる橄欖岩で,ピコタイトを含むものもある[Dalametherie : 1795, Damour : 1862].国際地学連合火成岩分類委員会による一般的な火成岩分類では,橄欖石─斜方輝石─単斜輝石三角図で,橄欖石が40~90%,斜方輝石と単斜輝石が共に5%以上含まれるものとしている[Geotimes : 1972].フランスピレネーの(Lac de Lherz)に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラルツォ岩の関連キーワード外部光電効果誘導体じゃによってスカラムーシュダム湖タラソテラピー選りに選ってパールアイトグラハマイト焦性グアノ岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone