ラルツォ岩(読み)ラルツォがん(英語表記)lherzolite

岩石学辞典の解説

ラルツォ岩

デラメテリによって命名されダムールによって記載された,50%以上の橄欖(かんらん)石に斜方輝石単斜輝石の両方が含まれる橄欖岩で,ピコタイトを含むものもある[Dalametherie : 1795, Damour : 1862].国際地学連合火成岩分類委員会による一般的な火成岩分類では,橄欖石─斜方輝石─単斜輝石三角図で,橄欖石が40~90%,斜方輝石と単斜輝石が共に5%以上含まれるものとしている[Geotimes : 1972].フランス,ピレネーの(Lac de Lherz)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android