ラルフ リチャードソン(英語表記)Ralph Richardson

20世紀西洋人名事典の解説

ラルフ リチャードソン
Ralph Richardson


1902.12.19 - 1983.10.10
英国の舞台俳優。
グロースター州チュルテナム生まれ。
舞台美術のスタッフを経て、1921年ロウズトフトに移り、「ベニスの商人」で俳優に転向する。’29年バーミンガム・レパートリー劇団に参加し、’30年オールド・ヴィク座のメンバーとなり、やがて座長として名声を高める。’33年映画デビューし、’49年「女相続人」でアカデミー助演男優賞にノミネートされ、’52年「Home at Seven」で監督も兼任する。一見地味であるが、哀愁と滑稽感をもった役を得意とする。夫人は女優のメリエル・フォーブスである。他の作品に「落ちた偶像」(’48年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ラルフ リチャードソン

生年月日:1902年12月19日
イギリスの俳優
1983年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android