コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラングミュア‐ヒンシェルウッド機構 Langmuir-Hinshelwood's mechanism

1件 の用語解説(ラングミュア‐ヒンシェルウッド機構の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ラングミュア‐ヒンシェルウッド機構【Langmuir-Hinshelwood's mechanism】

固体表面での反応速度を理論的に取り扱った式.表面上でAとBとが反応するとして,それぞれの表面の被覆率 θA,θB の関数として反応速度 vs を表す.θA,θB は均一相における濃度の cAcB の関数と見なせるから

vskf(θA,θB)=k&scriptg;cAcB

おのおのの分子の吸着に対してラングミュアの吸着等温式*を応用すると,下のようにまとめることができる.ここで添字 P は生成物,p′ は触媒毒を意味する.

希薄な吸着の場合には,分母は1に近い値となるので,vscAcB となる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラングミュア‐ヒンシェルウッド機構の関連キーワード一次反応反応速度反応速度論不可逆反応律速段階粉砕Q10値重力の理論表面反応速度式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone