ランコトゥビハーラ(英語表記)Rankot Vihara

デジタル大辞泉の解説

ランコトゥ‐ビハーラ(Rankot Vihara)

スリランカ中部の古都ポロンナルワにある仏塔。名称は「黄金の塔」を意味する。12世紀、シンハラ王朝のニッサンカ=マーラ王により建立。水の泡を模した高さ55メートル、直径55メートルの仏塔であり、ポロンナルワで最も大きい。アヌラダプーラにあるルワンウェリサーヤ大塔をモデルにしたと考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android