コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランス美術館 ランスびじゅつかんMusée des Beaux-arts de la Ville de Reims

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランス美術館
ランスびじゅつかん
Musée des Beaux-arts de la Ville de Reims

フランス北東部のランスにある美術館。1794年,フランス革命の過程で押収された教会や亡命貴族の収集品を,市役所の一室に収めたのが起源。1907年シャンパン製造会社ポメリーの経営者で美術収集家としても知られたアンリ・バニエの死去に伴い,そのコレクションがランス市に寄贈されたのをうけ,1913年に旧サン・ドニ修道院の建物に今日の美術館が開館した。ル・ナン兄弟,フランソア・ブーシェジャック=ルイ・ダビッド,ジャン=バティスト・カミーユ・コロー,カミーユ・ピサロなど 17~20世紀のフランス絵画のほか,ルーカス・クラナハなどのドイツ,イタリアの絵画やタペストリーアール・ヌーボーを代表するエミール・ガレのガラス器や家具などを収蔵する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ランス美術館の関連キーワード国立西洋美術館〈本館〉デジタル・アーカイブホントホルストグーリナ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランス美術館の関連情報