ランソウモドキ

海藻海草標本図鑑の解説

ランソウモドキ

からだは非常に小さい球体から楕円体で,表面にシワやくびれが入るものが多い。褐藻のネバリモを十分小さくした様な形態である。シワランソウモドキと同様に群体性で,寒天状の粘質の中に細胞が埋まっている。切片写真では細胞が卵形から洋梨形であることが確認できる。冬から春までみられ,夏には消失する。手触りは滑らかで,弾力がある。生体は透明感のある濃緑色〜鮮緑色を呈する。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android