コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランパジウス Lampadius, Wilhelm August

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランパジウス
Lampadius, Wilhelm August

[生]1772.8.8. ヘーレン
[没]1842.4.13. フライベルク
ドイツの化学者。フライベルク鉱山学校化学教授 (1796) 。冶金化学,農芸化学を研究。 1796年に,黄鉄鉱を炭素と加熱することによって得られる気体が二硫化炭素であることを発見した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ランパジウスの関連キーワードフライベルク農芸化学黄鉄鉱

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android