コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランパジウス Lampadius, Wilhelm August

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランパジウス
Lampadius, Wilhelm August

[生]1772.8.8. ヘーレン
[没]1842.4.13. フライベルク
ドイツの化学者。フライベルク鉱山学校化学教授 (1796) 。冶金化学,農芸化学を研究。 1796年に,黄鉄鉱を炭素と加熱することによって得られる気体が二硫化炭素であることを発見した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ランパジウスの関連キーワードフライベルク農芸化学黄鉄鉱

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android