コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラン晶石(藍晶石) らんしょうせきkyanite

翻訳|kyanite

世界大百科事典 第2版の解説

らんしょうせき【ラン晶石(藍晶石) kyanite】

化学成分Al2SiO5の鉱物で,紅柱石ケイ線石とは多形の関係にある。三斜晶系に属し,c軸方向に伸び,(100)に平行な板状結晶をなすことが多い。{100}に完全,{010}に良好なへき開をもつ。ガラス光沢をもち,透明ないし半透明で,青色,白~灰色,帯緑色などを呈する。へき開面には真珠光沢がある。比重3.67で,紅柱石,ケイ線石のいずれよりも大きい。モース硬度は(100)面上のc軸方向で4~5,b軸方向では6~7と,結晶の方位によって大きく異なることから二硬石distheneとも称される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラン晶石(藍晶石)の関連キーワード紅柱石ケイ(珪)線石紅柱石ラン(藍)晶石パッキング指数ケイ酸アルミニウムケイ線石(珪線石)紅柱石オットレ石ケイ線石

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android