コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラヴィーナ:ある夢、メロディ・ノクターン/piano solo Un rêve, mélodie nocturne

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ラヴィーナ:ある夢、メロディ・ノクターン/piano solo

1856年。Op.29(パストラル)以降は、より穏健で色彩感が増し、書法的にも充実した小品が並ぶ。高原の若葉と微風を思わせる小品。グリュ(Grus)社刊。(金澤 攝)

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

ラヴィーナ:ある夢、メロディ・ノクターン/piano soloの関連キーワード川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)恵美須ヶ鼻造船所跡大森安仁子シドモアディクソンノットブリガムマードックマイル

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android