コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラヴィーナ:12の演奏会用エチュード/piano solo Douze études de concert

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ラヴィーナ:12の演奏会用エチュード/piano solo

1840年頃作。ラヴィーナの第一作は、彼の全作品中の最難曲となっており、音楽的完成を最初から踏破している。このようなケースは極めて珍しい。信じ難いスピードの指定がある。パリ音楽院の師、ツィメルマンに献 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android