コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラヴィーナ:12の演奏会用エチュード/piano solo Douze études de concert

1件 の用語解説(ラヴィーナ:12の演奏会用エチュード/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ラヴィーナ:12の演奏会用エチュード/piano solo

1840年頃作。ラヴィーナの第一作は、彼の全作品中の最難曲となっており、音楽的完成を最初から踏破している。このようなケースは極めて珍しい。信じ難いスピードの指定がある。パリ音楽院の師、ツィメルマンに献 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラヴィーナ:12の演奏会用エチュード/piano soloの関連キーワードヴィーナスクラヴィーアラヴィアサイトブラヴィエル岩バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻/piano soloラヴィーナ:ノクターン/piano soloラヴィーナ:甘い物思い、メロディ/piano soloラヴィーナ:バラード/piano soloバッハ:クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ第6番 ト長調/pf, vnラヴィーナ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone