コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ヌー ラ・ヌーLa Noue, François de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・ヌー
La Noue, François de

[生]1531. ナント近郊
[没]1591.8.4. ブルターニュ,モンコントゥール
フランスの軍人。 1558年プロテスタントに改宗,宗教改革に身を投じ,ポアトゥー地方のユグノーを指揮し,67年オルレアン,ソーミュール占領に成功。 70年フォントネルコントの攻囲で左腕を失い,以後金属製の義手を身に着けたことから「鉄の腕」とあだ名された。 80年ネーデルラントでスペイン軍の捕虜となり,獄中で『政治・軍事論』 Discours politiques et militaires (1587) を書き,新旧両派の和解を訴えた。 85年交換釈放されてジュネーブにあったが,88年フランスに帰り,アンリ4世の命令でブルターニュメルクール公と戦い,ランバルの攻囲で戦死。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラ・ヌーの関連キーワードガストン ガリマールブラバン・ワロンガリマールルーフェン白石朋也ドガ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android