コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・バリエール公夫人 ラ・バリエールこうふじんLa Vallière, Louise-Françoise de La Baume Le Blanc, Duchesse de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・バリエール公夫人
ラ・バリエールこうふじん
La Vallière, Louise-Françoise de La Baume Le Blanc, Duchesse de

[生]1644.8.6. ツール
[没]1710.6.6. パリ
フランスの貴婦人。 17歳のときルイ 14世の王弟妃アンリエット・ダングルテールの侍女となり,1661年頃からルイ 14世の寵愛を得,国王との間に4人の子をもうけた。うち2人が成長,マドモアゼル・ド・ブロアとベルマンドア伯はいずれも嫡出と認められた。しかし,その寵愛も王妃付きの女官モンテスパン侯夫人に取って代られ,30歳のとき女子カルメル会に隠遁,ルイズ・ド・ラ・ミゼリコルドと呼ばれ,余生修道院で過した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラ・バリエール公夫人の関連キーワード貴婦人

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android