コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ボエシー ラ・ボエシーLa Boétie, Étienne de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・ボエシー
La Boétie, Étienne de

[生]1530.11.1. サルラ
[没]1563.8.18. ガスコーニュ,ジェルミニアン
フランスの法律家,哲学者。オルレアンなどで法律を修め,若くしてボルドー高等法院参議となり,1557年同僚となったモンテーニュと堅い友情を結ぶ。古典の翻訳,詩などのほか,古代作家から発想を得て,圧制を否定し民衆の無気力を責めた小論文『自発的屈従について』 Discours de la servitude volontaire (1574) が特に有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラ・ボエシーの関連キーワード狩野正信イワン狩野正信ザカリアス広場テルチボーダンメッヘレンRheaエル・エスコリアルコレージュ・ド・フランス

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone