コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージボール卓球

1件 の用語解説(ラージボール卓球の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ラージボール卓球

1988年、日本卓球協会が考案した。ボールは直径4・4センチ。従来のボールより0・4センチ大きく、重さは2割ほど軽い。大きくて軽い分だけ空気抵抗が大きく、ボールの速度や回転も減る。ネットは従来の卓球より2センチ高く、初心者や高齢者でも楽しめるように工夫されている。

(2012-09-18 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラージボール卓球の関連キーワード日本レクリエーション協会リクリエーションレクリエーションセンターレクリエーション療法レクレクリエーショナルビークルレクリエーションダイバーレクリエーション・コーディネーター東急レクリエーション全国スポーツレクリエーション祭

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラージボール卓球の関連情報