ラージャシェーカラ(英語表記)Rājaśekhara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージャシェーカラ
Rājaśekhara

900年頃のインドの詩人。クシャトリヤの出身で,チャーハマーナ王家の女を妻とした。プラティーハーラ朝マヘーンドラパーラ王の師として迎えられ,北インドのマホーダヤ (現在のカナウジ) の宮廷に仕えた。美学論書『カービヤミーマーンサー』 Kāvyamīmāṃsāの作者として有名。彼の残した4編の戯曲のうち『カルプーラマンジャリー』 Karpūramañjarīは全編プラークリット語で書かれた特異な作品である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラージャシェーカラ【Rājaśekhara】

9~10世紀のインドの詩人。生没年不詳。マハーラーシュトラに生まれ,北インドのプラティーハーラ朝のマヘーンドラ・パーラ王(9~10世紀),マヒー・パーラ王(10世紀前半)などに仕え,宮廷詩人として令名を馳せた。その作品としては,詩論《カービヤ・ミーマーンサー》のほか,4編の戯曲がある。すなわち,叙事詩《ラーマーヤナ》と《マハーバーラタ》を題材とした《バーラ・ラーマーヤナ》と《バーラ・バーラタ》,王宮を舞台とする恋愛劇《ビッダ・シャーラバンジカー》と《カルプーラ・マンジャリー》が知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android