コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージャシェーカラ ラージャシェーカラ Rājaśekhara

2件 の用語解説(ラージャシェーカラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージャシェーカラ
ラージャシェーカラ
Rājaśekhara

900年頃のインドの詩人。クシャトリヤの出身で,チャーハマーナ王家の女を妻とした。プラティーハーラ朝マヘーンドラパーラ王の師として迎えられ,北インドのマホーダヤ (現在のカナウジ) の宮廷に仕えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラージャシェーカラ【Rājaśekhara】

9~10世紀のインドの詩人。生没年不詳。マハーラーシュトラに生まれ,北インドのプラティーハーラ朝マヘーンドラ・パーラ王(9~10世紀),マヒー・パーラ王(10世紀前半)などに仕え,宮廷詩人として令名を馳せた。その作品としては,詩論《カービヤ・ミーマーンサー》のほか,4編の戯曲がある。すなわち,叙事詩ラーマーヤナ》と《マハーバーラタ》を題材とした《バーラ・ラーマーヤナ》と《バーラ・バーラタ》,王宮を舞台とする恋愛劇《ビッダ・シャーラバンジカー》と《カルプーラ・マンジャリー》が知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラージャシェーカラの関連キーワードカルハナバーナビオンビルハナアニーローリー堅田喜惣治キネウルフサンバンダルチャンドナンマールバール

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone