ラージャラージャ1世(読み)ラージャラージャいっせい(英語表記)Rājarāja I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージャラージャ1世
ラージャラージャいっせい
Rājarāja I

[生]?
[没]1014頃
インド,チョーラ朝第 10代の王 (在位 985~1014頃) 。近隣の諸王国と戦ってチョーラ朝の南インドにおける覇権を確立。さらにスリランカ北半とモルジブ諸島を支配。またスマトラのシュリービジャヤ王国とも修好し,進んで宋とも通商した。文芸を保護し,都のタンジョールに建てたブリハディスバラ寺 (シバ大寺院) は南インド最大の寺院建築として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android