コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージャラージャ1世 ラージャラージャいっせいRājarāja I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージャラージャ1世
ラージャラージャいっせい
Rājarāja I

[生]?
[没]1014頃
インド,チョーラ朝第 10代の王 (在位 985~1014頃) 。近隣の諸王国と戦ってチョーラ朝の南インドにおける覇権を確立。さらにスリランカ北半とモルジブ諸島を支配。またスマトラのシュリービジャヤ王国とも修好し,進んで宋とも通商した。文芸を保護し,都のタンジョールに建てたブリハディスバラ寺 (シバ大寺院) は南インド最大の寺院建築として知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラージャラージャ1世の関連キーワードブリハディーシュワラ寺院ラージェーンドラ[1世]ラージェーンドラ1世タンジャーブール

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android