コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラースロー1世(聖王) ラースローいっせい[せいおう]László I, Szent

1件 の用語解説(ラースロー1世(聖王)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラースロー1世(聖王)
ラースローいっせい[せいおう]
László I, Szent

[生]1040.6.27.
[没]1095.7.29. ニトラ
アールパード朝ハンガリー王国の王 (在位 1077~95) 。ベーラ1世の子。兄ゲーザ1世を継いで即位。クロアチアダルマチアを併合。叙任権闘争 (→叙任権論争 ) では教皇を支持した。クマン人 (→クマノイ族 ) の平定,異教の撲滅に努力。第1次十字軍に参加する直前,没した。騎士道の理想を実現した人物としてのちの時代のハンガリー人の崇拝の的となった。死後聖人に列せられた (1192) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラースロー1世(聖王)の関連キーワード藤原延子荘園整理令長久覚鑁浮田荘クルスククレルモン公会議デルフトマグネシウムリャザン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone