コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラースロー1世(聖王) ラースローいっせい[せいおう]László I, Szent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラースロー1世(聖王)
ラースローいっせい[せいおう]
László I, Szent

[生]1040.6.27.
[没]1095.7.29. ニトラ
アールパード朝ハンガリー王国の王 (在位 1077~95) 。ベーラ1世の子。兄ゲーザ1世を継いで即位。クロアチアダルマチアを併合。叙任権闘争 (→叙任権論争 ) では教皇を支持した。クマン人 (→クマノイ族 ) の平定異教の撲滅に努力。第1次十字軍に参加する直前,没した。騎士道の理想を実現した人物としてのちの時代のハンガリー人の崇拝の的となった。死後聖人に列せられた (1192) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラースロー1世(聖王)の関連キーワード藤原延子リャザンラースロー1世荘園整理令長久荘園整理令覚鑁高陽院クレルモン公会議クレルモンフェラン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android