コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーマティボディ[1世] Ramathibodi I

世界大百科事典 第2版の解説

ラーマティボディ[1世]【Ramathibodi I】

1312‐69
タイのアユタヤ朝初代の王。在位1351‐69年。チエンセン王家に連なるウートンの支配者の女婿となり,義父の没後その後を襲った。伝説によれば,1347年に疫病の流行を機としてウートンを放棄し,河川交通の要衝アユタヤを都に定め新王朝の基を築いた。即位後は子のラーメスエンをロッブリーに,義兄のパゴアを西方のスパンブリー総督に配して王国の周辺を固めるとともに,北方のスコータイ,東方のカンボジアを攻めて勢力の拡大を図った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のラーマティボディ[1世]の言及

【アユタヤ】より

…メナム川水上交通の要衝であり,市街は運河水路に囲まれた島状になっている。1351年ラーマティボディ1世によって建設され,1767年ビルマ軍の攻撃によって陥落するまでの400年余にわたり,アユタヤ朝の首都として繁栄をきわめた。強大なアユタヤ朝の富は外国貿易によって築かれ,特に17世紀以降,アユタヤは東南アジアにおける最大の貿易基地となった。…

【アユタヤ朝】より

…アユタヤはメナム(チャオプラヤー),ロッブリー,パーサック3河川の合流点にあって,14世紀前半にはすでに交易の中心として繁栄していた。ここに首都を定めて新王国を創始したラーマティボディ1世(在位1351‐69)の出自については諸説がある。王は北方の要衝ロッブリーに王子ラーメースエンを派遣し,また西方のスパンブリーには義兄ボロマラーチャー(パゴア)を封じて支配領域の統合をはかった。…

※「ラーマティボディ[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラーマティボディ[1世]の関連キーワード大仏宗宣正和クレメンス5世ジュトフェンダウラターバードフェルナンド4世ヤーダバ朝大規模林道Edward the Confessor応長

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android