ラーマン(ムジブル)(英語表記)Sheikh Mujibur Rahman

  • ムジブル
  • ラーマン

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1920〜75
バングラデシュの初代大統領(在任1972〜75)
全インド−ムスリム連盟に参加。その後,東パキスタンの自治権拡大・独立運動で十数回投獄された。1966年アワミ連盟の総裁に就任し,バングラデシュ独立につながる「自治権拡大6項目」を提唱した。1972年1月,バングラデシュの独立とともに初代大統領に就任し,同時に議院内閣制発足に伴い,首相を兼任した。社会主義と非同盟主義政策を展開したが,1973年の石油危機インフレが激化して社会不安が高まり,75年8月15日の軍事クーデタで殺害された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android